地味ながらも日々

目標 モノではなくお金を貯める。 ふるさと納税4年目 お得情報、節約、日々のこと

Nikonニコンデジタルカメラ防水S32を水中で使ってみた感想&レビュー@子連れ旅行

      2017/03/20

旅行が好きで、海に行くのも好きなのでカメラ必須なのです。

使い捨て水中カメラはコスパが悪いかも、と。

以前は、使い捨て水中カメラを使っていましたが、
カメラ代(980円)+現像印刷代(約1400円)=約2500円程度かかるので
これを毎回では、少しコスパが悪いなぁと思ったのです。

なので、家電量販店へ行ったり、ネットで検索してこちらにしました。

Nikon デジタルカメラ S32 防水 1300万画素 ホワイト S32WH

こちらを約1年前にamazonで購入しました。

Nikon デジタルカメラ S32WH 防水

こちらです。

家電量販店では防水カメラコーナーは少なく、店員さんもそこまで?詳しくなさそうだったので(あたった人による可能性アリ)。
しかも2~3万円の価格帯を勧められて、初めて買うのに、もしすぐ壊れたら嫌なので、やはり1万円程度で購入したいという私の希望がありました。

なぜニコンかというと、メジャーなカメラメーカー・ブランドだという先入観&安心感からw

結果 買ってよかった!

良いなと思った点
・軽い
・水漏れしなかった
・まるっこい形なので、傷がつきにくい
・画質もそこそこ良い(細かいことは気にしないタイプなので)
・水濡れストレスが減った
・印刷代が安い(我が家ではネットプリントジャパンで1枚5円で印刷しています)
・日付設定ができる
・SDカードなので、枚数制限を気にしなくてよい

ここは少しひっかかるなという点
・起動が遅い(いま撮りたい!と思っても出遅れる)
・デジカメ本体の画像がチャチに見える
・印刷すると日付も印刷される(改善できるのか調べてないのでそのまま印刷しちゃうけど)

※水中といっても、子連れなので、ダイビングなど水深○メートルで使用!などまだしていません。シュノーケリング程度の水中や水辺で子どもとの写真撮影がおもになっています。

防水カメラを使ってみての感想

充電は、本体カメラ+つなぐ線+コンセントに差し込む部分、があります。
Nikon デジタルカメラ S32WH 防水 充電

SDカードが使えます
Nikon デジタルカメラ S32WH SDカード最近のSDカードって安くてビックリします。。

見た目はツルツルしてて丸っこいです。
Nikon デジタルカメラ S32WH 防水 拡大

シンプルなボタン設定です。Nikon デジタルカメラ S32WH 防水 ボタン

起動させたら、まずこの画面。このほんわかさ。懐かしさを感じます。Nikon デジタルカメラ S32WH 防水 画面1

Nikon デジタルカメラ S32WH 防水 画面2

とりあえず、よく動きまわる子どもをつれての海やプールでは、
水に濡れてもいいというのはものすごーく気持ち的に楽です。

それに、シャッターチャンスを失敗しても、消せばいい。
使い捨てだと、1枚1枚にお金がかかるので、経済的です。

私はカメラに詳しくないし、そこまで色彩ガーとかこだわらないので、
使い捨てカメラよりも使いやすく、画像も問題なし、と思います。

最近、新しいタイプもでたみたいですね。見た目ほぼ変わってないような。

Nikon デジタルカメラ S33 防水 1317万画素 S33 ホワイト S33WH

Nikon デジタルカメラ S33 防水 1317万画素 S33 ホワイト S33WH

ニコン 2015-03-05

価格:24,840円(2017/05/25 12:58時点)

Nikon デジタルカメラ S33 防水 1317万画素 S33 ホワイト S33WH

S32からS33の違いが何かあるはずなのに、お値段ほぼ変わらないですね。ほほう。

 - レビュー、感想

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事