地味ながらも日々

目標 モノではなくお金を貯める。 ふるさと納税4年目 お得情報、節約、日々のこと

家で大きな氷を作る方法をまとめてみた

      2016/07/05

家で大きな氷を作りたい。
普通の2cm3 氷サイズでは、すぐに溶けてしまいます。
節約&楽するために、電気ポット(保冷)に濃い麦茶+大きい氷を入れてリビングに置いておきたいのだ!

冷蔵庫まで麦茶を取りに行かなくていい(なんて楽なの)ので、きっと便秘解消にもなるだろう、と!
そもそもうちの冷蔵庫は小さいのですぐ飲みあげてしまう。

地味だけど、大きな氷の作り方を調べてみた

これまた何て検索していいのか分からなかった《大きな氷》。
昔、氷屋さんってあったなー。今もたま~にトラックを見かける。

氷は膨張する

当たり前だが、水は凍らせると大きくなる。
水が氷になるとき体積は約1.1倍になるので、だいたい容量のMAX80パーセントくらいの水を凍らせるくらいがイイ。
爆発しても困るから(とはいえ氷)。

①牛乳パックに入れる

《メリット》
費用0
・凍らせたあとは破れば取り出せる
・多少の膨張にも対応できる
《デメリット》
・牛乳を飲まないと作れない
縦型に置ける冷凍庫が必要

②豆腐パック(一丁)に入れる

《メリット》
費用0
・取り出しやすい
《デメリット》
一丁の豆腐を食べないと作れない
・フタがない

③100均などのプラスチック・シリコン容器に入れる

《メリット》
・繰り返し使える
・容器ごとに大きさを選べる
フタがある(ナイのもある)
《デメリット》
・費用108円~かかる
膨張したら割れる可能性がある
・冬など使わないときでも他のことに代用できる

④かき氷を作るとき用の氷入れに入れる

《メリット》
・作りやすい
はずしやすい工夫がしてあることが多い
《デメリット》
・費用108円~がかかる
・100均にないとさらに高い
冬など使わないときに邪魔になる

⑤ステンレスorアルミ容器に入れる

ステンレス製ふた付き保存容器 2個組 1214797

ステンレス製ふた付き保存容器 2個組 1214797

ヨシカワ

価格:1,856円(2017/10/21 05:00時点)

《メリット》
・伝導率がいいので、凍りやすい
・床に落としたら氷だけ割れる
・丈夫
・フタ付きのものもある
《デメリット》
・費用108円~かかる

18-8 製氷皿 特大 24ヶ取

18-8 製氷皿 特大 24ヶ取

価格:1,695円
(税込、送料別)

⑥ビニール袋に入れる

《メリット》
簡単
・大きさも自由
・はずすときはビニールを破れば良い
《デメリット》
・形によっては凍らせたあとにはずしにくい
水のときにしっかり封をしないとこぼれやすい

おわりに

我が家では牛乳消費速度も遅く(私が牛乳苦手)、豆腐も小さい3パック100円のを毎回使っている。
以前コストコでジップロックを大量購入(これまた安かった)したので、結果これを使っている。
フタ付きだし、こぼれにくいし、100均より安かったので、まぁいいかというところ。


いつか100均に行ったら、何かイイモノはないか物色してみよう。

 

個人的見解でまとめてみただけなので、いかなる被害があってもクレーム等は一切受け付けませんのであしからず。

 - 日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事