地味ながらも日々

目標 モノではなくお金を貯める。 ふるさと納税4年目 お得情報、節約、日々のこと

流行の服よりも使いやすい日用品を手に入れる

      2015/08/11

断捨離を始めてから(もちろん終わってないけど)、服を買う頻度が減った。
その代わりといってはなんだが、使いやすい日用品やインテリア(雑貨ではないが)を買いかえることが増えた。
まず思いつくのは、
①ピーラー
②ベッドカバーセット
③泡立てボール(お風呂用)
である。

ピーラー

以前は、100均一のを2本使っていたが、切れ味がどんどん悪くなった。ジャガイモの芽をとる部分もプラスチック製なので折れたりもした。
ネットの口コミを比較して、貝印の王道のピーラーを購入した。
すごく切れ味がよく、見た目もシャープである。
もちろん、100均のピーラーは処分した。
あまりにも、ピーラーの使い心地がよかったので、義母にも同じものを贈ってしまったほどである。

ベッドカバーセット

新婚時代に購入したニトリのベッドリネン類一式のほかに、追加でニトリで購入した。
私は洗濯が好きなので、その日に洗ってその日に干せば一組で足りる、とおもっていたが、天候に左右されやすいのがストレスに感じ、購入を決めた。
柄は無地だが、ホテルのようなシンプルなものである。
綿100パーセントで、さわり心地もスッキリとしていて、買ってよかった。
旅行中の滞在先のホテルで、こんなスッキリとした中で毎日眠りたいなとふと思ったので、同じような見た目のカバーにした。
ちなみに以前のはブラウンの無地。これはこれでシンプルで好きなのだが、我が家の壁紙と合わない。
ニトリは配送料が7000円以上だと無料になるので、マイカーを持っていない我が家ではありがたいサービス。

泡立てボール(お風呂用)

以前はこれまた100均のを使っていたが、もう2.3年ほど使ったからか、さすがに壊れてしまった。
こちらもネットの口コミを調べた上で購入を決意した。
100均の倍する、200円ほどだが、毎日使うものなので、ヨシとした。
流行の服ももちろん気分は良いが、1週間に同じものを何度着るだろうか。
例えば1万円の流行の形のコートを買うよりも
来年も再来年も着れそうなベーシックなコートを持っているほうが、場所もとらないし
愛着もわき、大切に着そうな自分がいる。
5000円のトップスを、かわいいから、と何枚かサッと買ってしまうよりも
5000円分の日用品を吟味して購入し、生活の中で使うほうが
今の私の満足度は上がる。
とはいえ、おしゃれで可愛い女の人は大好きだ。
見た目も大切にしつつ、自分の家くらい整えて生活したいな、と思っている。

 - 断捨離

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事