地味ながらも日々

目標 モノではなくお金を貯める。 ふるさと納税4年目 お得情報、節約、日々のこと

クレジットカード明細の集計

      2015/09/18

クレジットカードの年間使用金額を把握するのは、そのクレジットカードを継続するのか、解約するのかを決めるのには重要です。
特に年会費がかかるクレジットカードの場合はなおさらです。

しかし、毎月の請求額をいちいち保管や記録するのはずぼらな私には非常に手間です。
またクレジットカード、銀行のwebサイトで直近の使用金額を調べることは出来ますが、長くて半年、だいたい3ヶ月までさかのぼることしか出来ないので、1年分の履歴を把握することはできません。

そこで私はクレジットカードや銀行のwebサイトから自動で明細を取得してきて、集計してくれるツールを活用しています。
他にも同じようなツールはあると思いますが、私はちょうど口座を開いているソニー銀行の人生通帳というサービスを利用しています。

ソニー銀行の人生通帳

ソニー銀行の人生通帳はソニー銀行に口座を開いていて、残高が10万円以上あれば使用できます。
さまざまな銀行の口座情報、クレジットカードのアカウントを登録でき、ログインするたびに明細を取得してくれます。
資産管理はもちろん、期間を指定しての明細の集計もできるので、定期的にログインするだけでどこでどれくらいお金を使ったが簡単にわかります。
今回取りあげる明細の集計は、家計簿モードの上部のメニューにあります。
ソニー銀行 明細集計

クレジットカードの合計使用金額

クレジットカードの使用金額を見るには、銀行の引き落としの明細合計を見るのが簡単です。
クレジットカード自体の集計もあるのですが、合計金額は表示されないので、銀行の集計のほうがよいです。
JALマイルを貯めるのにお得なクレジットカード セゾンゴールド・アメックスとJALカードの比較」や「クレジットカードを選ぶ基準 継続するの?やめるの?」で紹介したように、使用金額から割引率やポイントを計算して、年会費と比較すればそのクレジットカードを継続するべきか簡単にわかります。

個別の店舗で使用した明細の集計

クレジットカードの集計を見ると、どこでどれだけ使用したかを把握することができます。
1年分ともなると明細が多くなるので、細かいところは難しいですが、金額の多いところは把握可能です。
日常的によく使う場所は限られているので、だいたい金額の多いところを把握しておけば十分です。
厄介なのが楽天で楽天でクレジットカード決済した場合、請求は個別のショップ名になるため、人生通帳では集計することができません。

楽天の使用金額の集計

楽天の集計には「楽天の使用金額を集計するbookmarklet最新版」で紹介しているブックマークレットを使いました。
もともと「いままでいくらAmazonで買い物したか合計するブックマークレット書いた」や「いままでいくら買い物したの? ~楽天市場編~」でAmazonや楽天の明細を集計するブックマークレットが公開されていましたが、サイトの仕様が当時から変わってしまったようで、オリジナルのものはうまく動きませんでした。
Amazonに関しては「Amazonで一年間に使った金額と、注文履歴のTSVを出力するブックマークレット【2015年版】」で修正版を見つけることができましたが、楽天のものは見つかりませんでした。
軽くいじってみたところ簡単に修正できたので公開してみました。

 - クレジットカード

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事