地味ながらも日々

目標 モノではなくお金を貯める。 ふるさと納税4年目 お得情報、節約、日々のこと

みおふぉんへのMNP1 AUとの料金比較

      2015/04/08

先日、スマホの携帯電話会社をAUからみおふぉんへMNPしました。AUに大きな不満はありませんでしたが、2年自動更新の度に機種変更もしくはMNPしないと損する料金体系がいやになったためです。

みおふぉんとは

みおふぉんはiijmioというMVNO(他社の回線を使って運用している携帯電話会社)がやっている音声通話、データ通信サービスです。docomoの回線とほぼ同じ品質で、無料通話、端末の割引等が一切ない替わりに、スマホの月額料金を安く押さえることができます。例えばデータ通信が2Gのプランなら月額1600円です。

料金比較

みおふぉんだと月額料金が安い替わりに端末の割引がないので、iphone6(16G)を購入してMNP転入した場合の料金の比較をしてみました。条件は以下の通りです。AUは従来のLTEフラットと、かけ放題+データ使用量2Gのプランを対象にしています。

月々の料金

 毎月割月額料金月額料金割引
みおふぉん(2G)01,6000
みおふぉん(4G)02,2200
みおふぉん(7G)03,2600
AU(MNP)3,0156,943934
AU(機種変更)2,4106,9340
AU(2G,MNP)3,0156,5000
AU(2G,機種変更)2,4106,5000

月額料金自体はかけ放題プランのほうが安くなるんですね。意外でした。しかし、MNPでは、月額料金割引が従来プランにしかないため、結局従来プランの方が安くなります。かけ放題プランと従来プラン、どちらがお得かは月々の電話料金次第、ですね。

この条件で2年間使用した場合の、合計金額が以下になります。

2年間の合計金額

 

 端末代毎月割合計月額料金
合計
月額料金
割引合計
キャンペーン
みおふぉん(2G)75,800038,40000114,200
みおふぉん(4G)75,800053,28000129,080
みおふぉん(7G)75,800078,24000154,040
AU(MNP)72,360-72,360166,416-22,416-10,000134,000
AU(機種変更)72,360-57,840166,41600180,936
AU(2G,MNP)72,360-72,360156,0000-10,000146,000
AU(2G,機種変更)72,360-57,840156,00000170,520

合計金額はみおふぉん(2G),みおふぉん(4G),AU(MNP),AU(2G,MNP),みおふぉん(7G),AU(2G,機種変更),AU(機種変更)の順に高くなります。

機種変更とみおふぉん(2G)の差は実に6万円近くもあります。これは結構大きな差だと思います。

またAUは機種変更とMNPの差も結構あります。さらに2年ごとに機種変更、もしくはMNPをし続けなければ、毎月割がなくなるので、端末代分損してしまうという不思議な現象が発生します。明らかに既存ユーザーより、転入者が明らかに優遇されていますね。

MNPの場合は実際は他の大手キャリアに移ることになります。調べていませんが、ほぼ同じような料金体系だと思います。

私は更新タイミングを把握し、2年ごとに次の機種を決めて、MNPしないと損をするという状況に嫌気がさしたので、みおふぉんに換えることにしました。私の場合は、プランも最低の2Gで大丈夫なので、料金もMNPするより、2年で2万円安くなります。さらに端末をiphoneでなく、もっと安い機種(ASUS ZenFone5,約3万円)にすることで、さらにコストを押さえることができました。2年以上使い続けることができれば、もっとお得になります。

携帯電話料金のコストは2年で10万以上と結構馬鹿にならないので、見直してみると大きな節約になると思います。

 - MVNO

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事